メイク超初心者向け最低限やりたい派

今週のお題「買いそろえたもの」です。

今週と言いつつのんびりと書いていたら先週のお題となってしまいました。

 

大学入学前、大学生はメイクをしっかりしてオシャレな存在で…とそれまでメイクをしてこなかった私はソワソワ焦っていました。

が、実際はそんなにやる必要がなかった…!

学部によるかもしれないけど…!

(しかも今はマスク生活&オンライン授業だけど…!)

 

というのも、メイクにそんなに興味がなかった人間が作る交友関係は同じくメイクにそんなに興味がない人になりがちなんですよね。

その結果感性が近い人間と仲良くなれる。

逆に大学デビューしてギャルグループに入りたいとかキラキラ大学生になりたいとかなら頑張って覚える必要あると思います。

大学生=しっかり可愛くメイクする、というイメージに囚われないで挑んだ方が自分と近しい人と仲良くなれるんじゃないかなあと思います。

なので、メイクしてないと浮くんじゃないかって心配はしなくて良かったです。

多分学部による。

(美術系の学部はこだわりありそうな人多かった気がする。美容系専門の人は当然こだわりある人多かった)

 

そんな私は

「まあ大学生ってメイクするみたいだしやるか。

出来れば簡単に済ませたいけどそこそこ綺麗に見せたいな♪」

という見栄と仄かなメイクへの楽しみ!!!

 

でもきっと、

それほど熱意があるわけじゃないけど綺麗っぽく見せたい、

みんなやってることだし無難に済ませたいから自分もやるか、

って方は多いんじゃないんでしょうか?

 

そんな方向けに最低限これは持っておくアイテムとあると便利なアイテム、個人的化粧品の選び方を書いていきたいと思います。

 

 

最優先

下地

ベースメイクです。

化粧水(保湿)、日焼け止めを塗った後、に塗ります。

逆に言うとすべてのメイクの前に塗るものです。

 

こちらは簡単に言うと肌を綺麗に見せるアイテムです。

とはいえファンデーションほど肌を綺麗に見せられるものではない(それほど毛穴など肌が汚く見える要因を隠してくれるものではない)です。

じゃあなにかっていうと下地は毛穴などの凹凸をならすイメージですね。

下地→ファンデーションの順に塗ることでファンデーションが肌にちゃんと密着し綺麗に塗れる=綺麗な肌に見せられる、ということです。

 

下地でオススメなのはこちらです。

 

下地のベタついた塗り心地がどうしても苦手だった私の救世主です。

するする塗れます。

固めの生クリームのような、形作れるけどすぐ馴染む質感って感じです。

 

展開してる色も白があってこれなら自分の肌色を考えなくても白なら馴染みやすいし細かいこと考えなくてオッケー!

美白が嫌ならさすがに色合わないかもしれませんが…。

 

もっと肌を綺麗に見せるにはファンデーションを塗る必要がありますが、とりあえず最低限下地さえ手に入れればまあなんとかなります。

なんとな〜く小綺麗にした感があります。

本当になんとな〜くレベルですが…下地だけだとさすがに毛穴とか赤みとか隠せない…。

ファンデーション塗る時間すら惜しいときはちゃちゃっと下地だけ塗ります。

そうして遅刻を回避してきました。

 

 

ファンデーション

下地だけは頼りない…というのと、肌が綺麗に見せられたら気持ちもちょっと前向きになるよね〜という気持ちからファンデーションも優先したいところです。

なんか肌汚いな…(ニキビや毛穴や赤みやetc…)を隠せるって嬉しい。

ちなみに、ファンデーションはこだわりがなければ(マットな肌感か艶っぽい肌か、化粧がヨレないか、毛穴等をとにかく隠したいか…などなど)パッケージが良いかで選んじゃっていいと思います。

悩みや理想像が明確って場合は@コスメとかでレビューをたくさん参考にすると良いです。

www.cosme.net

 

 

おすすめしたいことはどこのメーカーかよりもブラシは買っとけ!です!

付属しているパフを使うよりブラシ(100均で売ってる)を使う方が断然良いです。

ブラシで塗る方が肌全体に均一に塗れます。

 

 

アイブロウ

これは必須です!

眉毛がきっちりしてるだけで印象が全然違います。

私は自眉がしっかり生えてるので、アイブロウで書き足したところでメイクしてる感は出ないんですが、"清潔感""小綺麗感"は出ます。

 

書き足すより先にまずは眉毛を整えるところからですが、セルフであればYouTubeからが手っ取り早くておすすめです。

 

あとは眉サロンに行ってプロの力に頼る(以前行ってきました)

www.akinosio.com

 

 アイブロウはペンシルの方が初心者はおススメです。

100均に売っているものでも仕上がりは問題ないので良いのですが、芯が折れやすい印象…。

私の筆圧が強い可能性はある。

おすすめはエチュードハウスのアイブロウペンシルです。

 

ペン先が平たいので描くのが楽です。

あと後ろにブラシもついているので良い。

 

液体タイプのアイブロウもあるのですが、これは乾かすのが手間だったり誤って描いたときに消すのが大変だったりするので初心者向けではないかもしれません。

 

ですが、仕上がりのメイクした感による小綺麗さは出やすい!

なので正直楽しくはある!

 

 

 

メイクしている感が一気にアップ

最低限揃えたいものは終わりです。

メイクと聞くともっと色々思い浮かべるし、実際私はそう思って色々買い揃えたのですが、最優先でとにかくこれだけはっていうのは眉毛(アイブロウ)と肌を綺麗に見せること(下地、ファンデーション)だったなという印象。

 

さて、最低限最優先は三つでしたが、ここからさらにメイクしてる感を出すには以下の二つです。

 

リップ

リップ!それはつけるだけで一気にメイクしてる感が出るもの。

 

正直ファンデーション塗ってるよりもこれ一本でメイクしてる感も綺麗っぽさも出ます。

でも優先するとしたらオシャレよりも身だしなみなわけですから「清潔感>小綺麗さ>綺麗さ」なわけです。

 

小綺麗っぽさを出してからリップで色付け綺麗さを出しましょう!

ちなみに塗りやすく色も扱いやすいのはオペラのリップ。

色も落ちづらく優秀です。

 

私は他に選ぶ基準はお店入って気になる色なら試したり、名前が気に入ったりとかです。

色の名前が一工夫されているとぐっと引き込まれますよね。

www.akinosio.com

 

リップってさっと塗るだけで綺麗な印象になれて楽しいですし、唇が色づくと華やかな印象にもなるので是非ともほしいアイテムです。

ていうか化粧品でリップってメジャーすぎて言うまでもない気がします。

 

 

アイシャドウ

化粧品でアイシャドウってメジャーすぎて言うまでもない気がします。

 

リップに続き一気に綺麗さが出るもの。

 

特にこのマスク生活においてはリップよりも優先されるべきアイテム。

でもなんでリップより後に紹介したかというと顔全体で見たときそんなに必要なアイテムじゃなかったからです。

 

大学に入って周りを見るとリップは付けてるけどアイシャドウはそんなに付けている人がいないな、という印象でした。

ちょっと意外でしたね。

 

アイシャドウって人によってはあまり綺麗に塗れない(私は瞼が厚いので塗っても全部が見えない)ですし、ドライアイやコンタクトなど目薬を指す機会が多い人には煩わしい(私がそうでした…)からでしょうか?

 

とはいえ目元がキラキラしてるとなんか楽しい!

マスクしてると口より目が命!

というわけでアイシャドウも持っておきたい一品。

 

こだわりが強くなると発色やラメの感じを気にかけるわけですが、私は使える色でパッケージが良いやつを選んでいます。

 

 

 

もし大学に入る前に戻って優先して買い揃えるとしたらこのあたりでしょうか。

他にもマスカラがほしかったり(とはいえ遠目の印象としてリップやアイシャドウみたいな色をつけるものと比べると弱い)

アイラインがほしかったり(目を大きく見せられるけど使いこなすのもメイクを落とすのも大変だった…)しましたが、緩〜〜〜くメイクしたい、メイク始めてみたいって場合にはこの五種あればひとまず大丈夫です!

 

ほしいもの、気になる顔の部分が出てきたら買い足していきましょう!