【ミーグリとは】握手会じゃないの?待ち時間は?仕組みは?

坂道アイドルといえば握手会が思いつく方も多いと思います。

 

でもこのご時世では握手もお話もできない…

そこで生まれたのが「ミーグリ」です!

 

本記事はミーグリってなに?今度参加するけどよくわからない!って方のために説明していきたいと思います!

 

 

 そもそもミーグリって?

「ミーグリ」とは、「オンラインミート&グリート」の略です。

オンラインという通り、オンライン上でメンバーと会話ができます。

 

zoomやteamsのように、ビデオ通話でメンバーと話せるんです!

 

forTUNE meets(公式サイト)」というアプリを使ってメンバーと会話をします。

 

 

申し込み方法は?握手会のときの違いって?

二通りの申し込み方法があった握手会

ミーグリには握手会の時と同様、「全国握手会(通称:全握)」「個別握手会(通称:個握)」の二つがあります。

 

そもそも握手会もよくわからないって方に説明しますと、

 

「全国握手会」はCDの初回限定版につく握手券で、メンバー二人、もしくは一人と話せます。(基本的には二人ペア(通称ペアレーン)になっていますが、申し込みが殺到するメンバーは一人になっています)

また、メンバーはステージ衣装を着ています。

握手の時間は個別に比べると若干短いです。

 

「個別握手会」は「forTUNE music(公式サイト)」で握手の抽選を行い、当選分のCD(通常版)のみを予約します。握手券は予約の際に申し込むので、抽選に落ちたら自動的に予約が解除されます。

全国握手会と違ってメンバーが私服です!

メンバーが着る服を考えてくれるので、たまにコスプレ衣装で来てくれるメンバーなんかもいますよ!

(※服は事前に発表されるわけでもなんでもないのでその日の運です!)

 

つまり、大きな違いとして

「全国握手会」

初回限定版CDを買う→封入されている握手券を持って会場に行く

握手できるのが二人または一人

 

「個別握手会」

CD発売前にforTUNE musicというサイトで握手したいメンバーに抽選を申し込む→当落発表が出る→当選した分のみ予約(CD購入する)→封入されている握手券を持って会場に行く

握手できるのは一人

 

です!

 

個別握手会は抽選がある分落ち着いて回れますが、

全国握手会はないため待ち時間がかなりかかります。

乃木坂の西野七瀬さんが卒業発表し最後の握手会の際は8時間待ちだったとか!

(橋本奈々未超え!? 乃木坂46西野七瀬、最後の握手会の待ち時間にビックリ | アサ芸プラス)

 

なので、

「全国握手会」のメリットは抽選がない、初回限定版ならどのCDでも良い。(初回限定版はメンバーの写真がつくしtypeAやTypeBで購入できる。好きな店舗で買える)

デメリットは待ち時間がかかる。握手の時間が若干短い。

 

「個別握手会」のメリットは待ち時間が短い、握手の時間が若干長い。メンバーの私服が見れる。

デメリットは抽選がある。通常版を買わなければならない(特典映像つきのtypeA~Dを買っても意味ない。写真がつかない)、購入する店舗を選べない。

 

 

握手会とミーグリの違いは?

では、ミーグリも同じ仕組みなの?という話ですが、ミーグリはどちらも抽選になりましたし、どちらも私服になりました。

 

購入方法

まず、購入する方法は同じですが全国握手会にも抽選になりました。

「全国握手会」

 初回限定版CDを買う

→封入されている応募券(QRコードから応募サイトに飛ぶ)で抽選を行う

→当落が出る

 

「個別握手会」

 CD発売前にforTUNE musicというサイトで会話したいメンバーに抽選を申し込む

→当落発表が出る

→当選した分のみ予約(CD購入する)

→サイトで当落状況が見れる/開催時間になったらforTUNE meetsアプリからメンバーと話せる(オンライン上で済むため物理的な応募券がない)

 

全国握手会のときの二人とできる制度は?

全国握手会はメンバーによっては二人(ペアレーン)と握手できました。

ミーグリでも二人と握手できます!

 

感覚としては1枚の応募券で2人と会話できる感じです。

話したいメンバーAを選ぶ→身分証など本人確認→メンバーAと会話→会話終了。メンバー選択画面へ

→話したいメンバーBを選ぶ→身分証など本人確認→メンバーBと会話

 

という流れ。

 

服装は?

全国握手会(実地での握手会)はミニライブがあったからかステージ衣装ですが、ミーグリになってからはミニライブがないからかメンバーが私服です!

 

じゃあミーグリになってからは個握と全握の違いってなくない?

あれ?ミーグリでは違いってなくない?むしろ全握のデメリットなくなってない?という方、察しが良いですね。

そうです、ミーグリでははっきり言って全握のメリットの方が圧倒的に勝っています。

 

ただ、応募の流れが全握はCD発売後、個握はCD発売前であることから早く応募して気持ちを落ち着けたいとか、

全握でミーグリが開催されるか不明瞭(個握の方が開催が決まるのが早い)と言ったデメリットがあります。

 

他には、ペアレーンだからあまり推しメンと注目してないメンバーがペアになったとき気まずい…という方がいるかもしれません。

ただ、グループで一番好きな楽曲は?とか、一番好きなメンバーは?とかなにか質問して会話するのもありだし、「釣ってください」(=ファンの心を釣る。「大好きだよ」とか言ってくれたりウインクしてくれたり/苦手なメンバーはちゃんと断ってくれたりする)って言ってみるのもありなので、そんなに気まずくならないしデメリットではないと思います。

 

 

いざ、ミーグリ

ミーグリってどんな流れ?

 参加する時間になったらforTUNE meetsのアプリを開く

→マイページから開催している日を選ぶ

→参加する部、会話するメンバーを選ぶ

本人確認をする(身分証明書をカメラで撮ってアップロードする/カメラを前にしてスタッフに確認してもらう)このときスタッフの顔は見えません。

自分の番がくるまで待つ!

 

そんなに難しいUIでもないので参加する分には戸惑わないと思います。

 

 

待ち時間ってどれくらい?

人気なメンバーで長くても40分くらいです。

握手会をやめミーグリを始めた当初は120分(!)なんてことも聞きましたが、今は通信など改善されているからか、もうそんな時間は見かけません。

 

受付開始から時間が経つと人気なメンバーでも10分程度。

短い人だと数分程度です。

 

実地の握手会と違って待ち時間の自由が利くので苦ではないですね。

 

 

 

何枚で何秒話せる?

一枚で大体10秒程度です。

1枚のときの実際の会話はこんな感じ

 

私「こんにちは」

メンバー「こんにちは」

私「釣ってください」

メンバー「大好きだよ♡」

私「エ~~ッ↑かわいいありがとうございます(早口)」

 

ってくらい。

挨拶+一言程度の会話二往復が目安です。

 

あのライブ良かったよ!くらいなら一枚でも十分ですが、

雑誌とかライブの感想、あと質問系をきっちり聞きたいなら二枚以上はほしいところ。

(質問系はメンバーが考え込んでくれたり細かく答えてくれたりするので時間がいる)

 

 

ミーグリでスムーズに話すためには?

ニックネーム欄を会話したい内容にする。

ミーグリはニックネームを毎回変えられます。

なので、名前を「秋野」だけにせず「秋野@雑誌○月号読みました」とか、「秋野@漫画○○で好きなキャラは?」にすればスムーズに会話ができます!

 

ニックネーム欄はメンバーに見えるので、「雑誌〇月号読みました!このインタビューの部分が良くて…」なんて言わなくても、「インタの○○の部分が良かったです!」って少しでも話したいことをショートカットできます。

 

注意点としては、ニックネーム欄が3行いくとメンバーが読めないらしい(2行ギリギリでも読めない?)ので、長すぎてはいけないです。

 

 

画面がつながったらすかさず挨拶をする

メンバーにもよりますが、向こうから話しかけてくれるメンバーとこっちがつながったか待ってくれるメンバーがいます。

後者の場合だとせっかく画面がつながっても微妙な間が生まれてしまいます。

なので、画面がつながったらこちら側からすぐに話始めることが大事です!

 

体感は後者の方が多い気がします(私が好きなメンバーが落ち着いた人が多いからかも?)

 

 

ミーグリってどんな風に終わるの?

握手会のときは「剥がし」、時間になったらスタッフが剥がしにきます。

ミーグリは終了間際になったら画面が白くフェードアウトして終了画面になります。

一応、画面の端に終了3秒前のカウントがあるのですが、ミーグリの最中はメンバーを見ているため視界の端でなにかあるなってくらいであまり意識してないです笑

 

画面が白くフェードアウトする間は向こうに音声が届いていません。

頷きなどでコミュニケーションをとるしかないですね!

 

 

まとめ

購入方法

初回限定版を買って封入されている応募券から抽選するパターンと、

forTUNE musicから抽選応募して当選したらCD予約(購入)するパターンがあります。

 

どっちの購入パターンがいいの? 

現状は「全国握手会パターン(初回限定版を買って封入されている応募券から抽選する)」がおすすめになってしまいますね。

 

理由としては

・一枚で二人のメンバーと喋れる(今後変わるかも)

会話時間が個別握手会パターンと変わらない

初回限定版ならどれでもOK(映像特典&写真がついているtypeA~Dで応募できる。購入店舗を選べる)

 

ただ、

個別握手会パターンは当選分だけ予約、つまり、CD発売前にミーグリを応募(参加券の所持)に対し、

全国握手会パターンは初回限定版のCDを買う、つまり、CDが発売されてから応募なので、

実質、個別握手会パターンが先行、全国握手会パターンが一般って順番です。

 

なので早く応募して参加できるか決めたいって場合には個別握手会パターンがいいかもしれません。

 

また、個別握手会パターンのみが抽選だった名残か「完売率」にこだわる人は個別握手会パターンのみに多く見られる傾向があります。

(全国握手会パターンも浸透すればそんなことないかも?)

 

完売率……握手(ミーグリ)券の完売率。

応募が第一次応募、その翌週に第二次、さらにその翌週に第三次…という風に複数回行われるのだが、

第一次応募の段階で抽選枠が埋まったらそのメンバーは第一次応募完売、埋まらないメンバーは第二次、そこで埋まらなかったら第三次…というように完売速度がある。

また、抽選枠は〇月〇日の第〇部というようになっているので、

〇月〇日と〇月×日の第一部~第五部が完売すれば全完売(完売率100%)、

〇月〇日と〇月×日の第一部しか完売してないのであれば(10分の2が完売/完売率20%)ということになる

第二次応募のときに応募できないメンバーがいたらもう完売しているということになるので、ファンから人気度がおおよそわかってしまう

 

この完売率を運営サイドがどれほど意識しているかはわかりませんが、自分の推しが人気(=話したいと思ってる人が多い)だと嬉しいですよね。

 

全国握手会パターンだとペアで行われていることもあるからそのメンバーだけの人気とは言い難いですしね。

 

完売率を上げたい、推しメンを推したい、というのであれば個別握手会パターンで申し込む法がいいかもしれません。

 

でも、そもそもフォーメーションは気にしないってメンバーや、

推しじゃないけどミーグリで話してみたら楽しい、ミーグリ初心者向けのメンバー(会話が弾みやすい)もいるので、ファンの人もメンバーもあまり完売率にこだわるべきではなく素直に自分が話したいからって思えばいいんじゃないかなあと思ってます。

そこも踏まえてほしいですよね、運営に!!!笑

(でもミーグリで楽しませてくれるメンバーに人気が出てほしい評価されてほしいって気持ちもあるジレンマ…)

 

ミーグリの楽しみ方

ミーグリのやり方はわかった、ミーグリを今度やる、

でも楽しみ方って?

会話は楽しいけどどうせならもっと楽しみたい!って人に楽しむポイントを!

 

名前を呼んでもらえる

先ほどニックネーム欄があることを触れました。

そうです!いちいち私の名前は○○ですってアピールしなくても名前をわかってもらえます!!!

 

人によっては最初から名前を呼んでもらえます!!

 

何を話せばいいの?

これも先ほど触れましたが、困ったら「釣ってください」がおすすめです。

なぜならメンバーが可愛いから

こういうのが苦手なメンバーもいますが、それはそれで苦手ってことを知れますからね。

 

今のところ私は会話が続かなかったり止まることはないのですが、そこは質問系(今期おすすめのドラマは?など)や感想系が多いからかなと思ってます。

 

質問系も考え込んでくれることもあるのですが、それだけ真剣に返事してくれるのは嬉しいですしね。

 

やっぱり実地で会いたい

こういう人も多いですが、私は実地だと緊張しすぎて全く顔が見れなかったのと、なんといっても時間や交通を考えなくて良いのでメリットも十分多いなと思います。

 

ビデオ通話でも緊張して顔が見れないって人もいるので個人差あると思いますが、私は感覚的にはテレビや写真と同じだったのでそういう意味では楽でした。

 

 

 

以上、ミーグリのやり方、楽しみ方でした!